海さくら代表 古澤純一郎のブログ

TERUMOさんと会ってお話しました。

 先日、
6月5日(火)に

海岸に流れてくる注射器のメーカー
TERUMOの社員の方達と会いました。

usnocyu.jpg

注射器を机の上に置き、
「この海岸に流れてくるのか、落ちているのかよくわからないが、
注射器が危険すぎるので、なんとかならないか!?」


★今までに注射器が落ちているクレームはありましたか?
→あった。

★その後の対応は?
→メーカーとして、感染性廃棄物の処理方法を徹底してエンドユーザーまで
啓蒙した。(紙ベース)

★でもなくならないですね。どこから出てきたのか知る上で、
あのオレンジのキャップを4種類くらいにわけて、製造するのはどうか!?
つまり色が違うキャップを製造し、神奈川県は、青。東京は、黒。など、
どこから、注射器がでているのかを絞っていくのはどうですか?

→医療において、注射器の使用側への変化は、混乱を招くから、
注射器のキャップを変更させるというのは、コストの問題も、
使用側の問題も含めて、慎重にならなくてはいけないし、現実できない。

★では、特定できるようなバーコードを注射器に印字は?
→1日多い時で20万本製造しているから、バーコードを
それぞれに印字するこで、コストが跳ね上がり、病気の人が
手の届かない注射器となってしまうため、NG。

★では、どうする?
→メーカーとして、今後、針のない、注射器を発明するとか、
色々と考えております。

★昔、空き缶のプルタブありましたよね。
指輪みたいにしていたものです。あれは、メーカーがそのまま缶につけるようになってから、海岸からプルタブのゴミがほぼゼロになりました。
足をあれで切ったりする人がいなくなりましたね。
→今後、考えていきます。

★で?
「・・・・・」

結局、TERUMOさんから、
警察にこの状況をお話しにいくことになりました。

また再度、メーカーから先の廃棄物処理の啓蒙を
呼びかけてくれることになりました。



でもね、正直、イマイチの反応でした。
この注射器で多くの方の健康が守られています。
その事実も知ることが出来ました。

それは、素晴らしいことです。

健康を守り、海岸に注射器がなくなれば、
もっと素晴らしいですね。
きっとその2つもトゥギャザーできます。

注射器を普通の廃棄物としてゴミ箱に
捨てられる県や市と、有料の市・県があるようです。
藤沢市は、有料とのこと。
(僕自身がしらべてないので、?ですが・・・)

こういう問題もあるかもですね。
近日、藤沢市に再度、行ってきます。

道は、こちらも、長いですが、
じっくりと取り組んでいきます。





コメント
管理人さんの書き込みにひとつヒントがありました。

仕事柄、色々な地域に行く事が多く、そんな中である地域が家庭ごみの不法投棄に悩んでいました。(います。)

その地域は広い駐車場を持つ大型スーパーやパチンコ屋さん、必ずゴミ箱が設置されているコンビニが家庭ごみの不法投棄が横行(1回に45リットルごみ袋5袋なんて強者も)

原因を探っていくと、ごみ袋が有料で、さらにごみ処理費用の一部も乗っかっているため、高額ということが原因のひとつと言うことがわかりました。

不法投棄のごみ袋は指定ごみ袋じゃないので最初から正規に捨てる気はなかったと思われます。

藤沢市有料も同じような結果を呼んでいるのではないでしょうか!?

  • たかぎ
  • 2012/06/11 4:38 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

links

mobile

qrcode


総合トップに戻る