海さくら代表 古澤純一郎のブログ

6月1日(金)宮城県石巻市湊町一丁目応援の報告

 今日から、3回に分けて、先日被災地に行った時の報告を致します。

。況遑影(金)宮城県石巻市湊町一丁目応援の報告
■硲妝唯腺痢。咤圍劭腺稗韮硲圈.好拭次.襦実膽討気鵑罰い気ら軍団
6月2日(土)福島県相馬市と南相馬市フレスコキクチ応援の報告

それでは、
6月1日(金)の報告を致します。


私達海さくらの合言葉・テーマは、

ACT LOCALLY THINK GLOBALLY、ENOSHIMAです。

つまり、

活動は、江の島で。 考えているのは、グローバルということです。


もっと言えば、

ACT ENOSHIMA THINK ENOSHIMA 結果的にグローバルを
考えなくてはいけなくなった。ということです。


ピンポイントの江の島の海を綺麗にしようと活動していく中で、
海に流れる川からのゴミを知り、川に流れ込む街のゴミを知り、それを
ポイッと捨てる人達の感情を知り、結果的に
たった、一つの場所を綺麗にするのには、グローバルなことを
考えなくては、綺麗にならない訳です。ゴミも水質の問題も!

そして、代表である私は、
昔、タバコのポイ捨てをしていた人間です。

そして、ゴミ拾いも被災地応援も、
誤解されるかもしれませんが、
やりたいから、やっているだけで、自分のためにやっているわけです。

偉くもなんともなく、
全力でやっているつもりですが、酒も飲みますし、遊びも好きです。
全部投げ出して、被災地のためにやっているわけでもないのです。

昨年の3月11日の2カ月後に現地にいき、
お世話になっているカヌー工房NAKADAの中田さんに会いにいきました。

現場は、家に家が突き刺さり、家に船が突き刺さり、
車は、あちらこちらで3段に重なり、異臭も凄く、
公園など空き地には、死体が埋められている状況でした。
(過去の海さくら被災地プロジェクトのブログに写真が掲載してありますが)

その時に、長期の応援が必要と感じたのですが、
僕は、いつも「限界はない、やればできる」と思っているために、
この壮大な被害を、このアホな自分でなんとかしてやると思ったのでした。

それから、考えれば、考えるだけ、無力感を感じたのです。
「力」や「権力」が必要とも感じました。

江の島のゴミの問題もそうです。

でも、江の島のゴミ拾いも一歩づつ、前へ進み、色々な繋がりが生まれ、
綺麗に出来ると確信しております。
最初っから、グローバルの意識はありませんでした。

だから、僕は、

ACT 石巻市湊町一丁目の皆様  THINK 石巻市湊町一丁目の皆様
結果 GLOBALLYという気持ちで、取り組み。

大きな声で支援していますといえるような人間でもないし、大きなお金もありませんが、
海にタツノオトシゴが戻ってくるような長期目標として、出来る限りのことを
しようと思ったのです。

それから、
無力感がなくなりました。

できることを、やりたい。

こういう風に思っている人もいるのではないでしょうか?

あまりにも大きな被害を目の当たりにして、
自分と置き換えて無力感を感じること。

僕はその一人でした。

でも、一つの家族を見守っていくことで、
現地の力になるかもしれないのです。

でも、その一家族を支えることも、一人ではできないのです。
それは、僕が、それだけの人間だからです。

そんな訳で、
みんなの協力をえながら、活動をさせてもらっているのです。

今回は、
ゴミ拾いにも参加してくださっている
HUMAN STRAIGHT スター!
オジキこと、ルー大柴さん

20120123_2466621.jpg

ルーさんの事務所の社長の熱き男、増田さん!

20120123_2466600.jpg

DSC_0081.jpg


海さくらSTAFFの恭子ちゃん!

DSC_0027.jpg



同じくSTAFFの若さん!!

DSC_0019.jpg



前回、参加してくれているスマイラー中野さん!!

DSC_0014.jpg


ヨガの先生でもあり、今後、戦えエノシマンの連載をしてくている
湯浅さん!!

DSC_0034.jpg


湯浅さんの妹でもあり、ヨガの先生の優子ちゃん!!

DSC_0045.jpg


昨年11月の石巻市での駄菓子屋海さくらの時、
台車を使用し大きな荷物を電車でもってきた熱い車好きのコタロウ!


DSC_0055.jpg
 


今年から、海さくらのデザインなども協力してくれているデザイナーのゆみちゃん!!

DSC_0069.jpg

大阪海さくら代表でもあり、僕の妹のムーさん!!

DSC_0541.jpg


海さくら立ち上げの2005年度から、
ゴミ拾いに参加してくれていて、海さくらのTシャツを制作してくれている三浦さん!!

DSC_1596.jpg


海さくらのスポンサーでもある河野製紙株式会社の営業部長、ファイヤー野上さん!!

DSC_0607.jpg


あな先のDVDの撮影、編集をしてくれている幼馴染で俳優の山下徹大!!




ラブハンドルズのボーカル若さん!!

DSC_0446.jpg


同じくラブハンドルズの創ちゃん!!

DSC_0448.jpg


バスの運転手の山家さん!!家から野菜をたっぷりと持ってきてくれました!!

DSC_1138.jpg


同じく運転手の松嶋さん!!BBQで、野菜をカットしたり大活躍!!

DSC_1140.jpg

そして、写真はないのですが、

いつも海さくらをやさしく包んでくるれるナオさん!


そして、
ゴミ拾いでもお馴染のプロカメラマンでもあり、
今回掲載させていただいているすべての写真を撮ってくれた

上重(じょうじゅう)さん!!

という19人の力を借りて、一緒に宮城県石巻市湊町一丁目の応援にいきました。

このみんなが、熱くってやさしい最高の仲間とまたまた実感!!


朝の7時に
東京駅集合で、
一つのバスに乗り、現地にむかいました。

DSC_1080.jpg



DSC_1071.jpg


DSC_1072.jpg


DSC_1082.jpg

DSC_1085.jpg

DSC_1096.jpg

DSC_1114.jpg

DSC_1115.jpg



DSC_1118.jpg


一つのバスで、休憩をはさみながら、現地にいくなかで、
オジキことルー大柴さんが、みんなをなごませたりしてくれて、
軍団が、それぞれに、内に秘めるパワーが解放されていきました。

ルーさんは、
こんにゃく団子を休憩所ごとに食べていて、
みんなに、「美味しいよ」とあげたり、とにかく、最年長でありながら、
軍団に力をくれていました。

おそらく、最後のこんにゃく団子は、
無理やりウケを狙って無理に食べていたのでは?笑


DSC_1119.jpg

DSC_1121.jpg

バスの中で、私から、
少し現地の話をさせていただきながら、
ルーさんや皆さんのおかげで、
あっという間に宮城県石巻市湊町一丁目の鈴木さんの家につきました。

14時でした。

東京から7時間でした。

今まで、被災地支援の場合、交通費が宮城県ボランティアセンターへの申請と、
自分が住んでいる区役所などに申請をだすと、
高速料金が無料でしたが、
今では、瓦礫撤去以外の人は対象外となりました。

僕達はいいとして、
現地の方も、有料となりました。

まだまだの状況の中、その政策については「?」です。

鈴木さんご夫妻や息子さんにお会いして、
バスに鈴木さんと中田カヌーの中田さんのおじさんの渡部さんに、
バスに乗っていただき、現地の様子を説明していただきながら、
回りました。


DSC_1134.jpg


DSC_1143.jpg

DSC_1150.jpg

DSC_1151.jpg

3月11日当日の話から、
今の話を、辛い思いでもありながら、
横で見ていたのですが、涙をためながら、
話してくれました。

鈴木さんが、そうまでして、
僕達に話してくれたこと。

僕達は、しっかりと受けとめました。

ルーさんはじめ、みんな真剣に聞いて見ていました。

繝ォ繝シ縺輔s・・DSC_0084.jpg

繝ォ繝シ縺輔s・・DSC_0086.jpg

街は、すっからかん。

ガレキの山があっちこっちに山のようにありました。

繝ォ繝シ縺輔s・・DSC_1158.jpg

繝ォ繝シ縺輔s・・DSC_1217.jpg


つづく






コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

links

mobile

qrcode


総合トップに戻る