海さくら代表 古澤純一郎のブログ

3月11日(日)

 昨年の今日、そして今は、
僕と父は、会社からの帰宅で車で自宅に戻っている最中。

大渋滞の中、ラジオからの警報と共に、
車を左右に揺らされ、
帰宅に通常車で40分のところを、

7時間かけて帰った。

地震当日は、会社で打ち合わせ中で、
男4人でいて、
今でもその地震の恐怖が心にある。

被災地の方たちは、その何倍もの
色々を体感しているのに、
自分はなんて弱いんだと、今も思います。

それから、
被災地の状況を知り、
微力ですが、ほんの、少し、
応援させていただいておりますが、
まだまだできることを探し、実行していきたいと思います。l

まだ何も始まっていないのです。

「お前達が動いてもしょせん、意味がない」とか

「自分の仕事を精一杯やることが、応援だ!」とか

自分を守る、綺麗な言葉が今も飛び交う。


僕自身は、胸を張って、「被災地を応援しています。」と言えるくらいやっていないと思う。


でも、被災地に行き、場所を見て、
その生活を見て、感じてから、
自分の立場として考えるようになった。

行ってから考えられるようになったのかも!?

出来るだけ、リアルに想像して、
そこで生活するイメージをしてみたりした。

今は、イメージしなくっても、イメージしてしまう。

これからは、
もっと、もっと応援したいと思うし、
実行します。

出来ることを、そして、もう一歩前へ。
そんな気持ちです。

今日は、朝、家族で、
避難訓練をやった。

水や食料、懐中電灯、地震後のシミュレーションなど・・・

今日黙祷した人は、多くいると思います。
黙祷をしたとき、
身震いするようなゾワっとした感覚になった。

何か、見えないものと共鳴しているかのような・・・

変な感覚だった。
光に包まれたようだった・・・(そろそろ俺、病院いったほうがいいかも)

そして、

掘下さゆりサンのライブで、彼女の声を聞いたとき、
なんだか、心地よくなった。

こんな時だからこそ、
元気と笑顔でいたいです。

熱く、やさしく。

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

links

mobile

qrcode


目指せ!日本一楽しいゴミ拾い

NPO法人 海さくら

神奈川県の江の島で2005年から「目指せ!日本一楽しいゴミ拾い」をモットーに 年間ビーチクリーンを行い清掃活動にイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体。江の島に「かつて生息していたタツノオトシゴが戻ってくるくらいキレイにする」という目標をかかげ、体験・体感を大事にし「楽しく」「楽しめる」活動を継続しています。

お問い合わせ

follow us >
代表BLOG
facebook
line
youtube
instagram