海さくら代表 古澤純一郎のブログ

海さくら被災地プロジェクト 報告2(石巻の街)

 朝7時に
東京駅で待ち合わせ。


P1070618.jpg

P1070621.jpg

P1070622.jpg

参加者の櫻井さんは、
直前まで「ミニミニ祭り」で子供達を喜ばせようと
試行錯誤し、事前に現地に荷物を送れず、
台車ゴロゴロ東京駅前でやってきました。

気持ちを込めて実施してくれる気持に

熱くなりました。

そして、またもう一つ熱くなったのは、
小川さんカップル(もうすぐ結婚)が、
お見送りに来てくれたのです。

「結婚準備ほかでどうしても行けないから」と手には、
ボジョレーヌーボーや栄養ドリンク、ホカロンを持ち、
私に渡してくれ、みんなにエールをくれました。

とても熱くなりました。


DSCN0879.jpg

みんなもほぼ時間通りに来てくれました。

DSCN0880.jpg

石原軍団ではなく
海さくら軍団として、出発です!!

384168_196992027047712_100002107481891_429533_699995736_n.jpg

P1070625.jpg

P1070626.jpg

DSCN0881.jpg

DSCN0882.jpg

長距離のため、
少し落ち着いたら
皆さんに、今年のfesの映像を見てもらいながら
むかいました。

DSCN0885.jpg


僕は、みんなに、
高速から急に見えてくる津波の爪痕を見てもらおうと
思っていました。

DVDを止めて、
皆さんに「これからは、道路の状態や津波の爪痕が見えてきますので、
見てください」と伝えました。

道路は、まだ壁の方が斜めになったままの場所もありましたが、
私が震災後2カ月後にみた光景とはまったく違い、
畑にひっくり返った車が散乱していた風景が、
見事になくなっており、
僕も「あれ?」皆さんも「・・・・」

僕は、とにかくとんでもない津波の状況を
感じていただく事も意識していました。

ここで思ったことは。

瓦礫や破損した車がなくなり本当は、
よかったと思わなければいけないのですが、
この瓦礫や悲惨な状況が、なくなればなくなるほど、
被災者への継続的な応援、関心がなくなっていくのではと思いました。

江の島のゴミもなくなって綺麗に見えますよね。
でもそれは、かながわ海岸美化財団さんや地元の人、僕達が
綺麗にしていて、実際のゴミの量は、減っていないのです。

それと同じで、上っ面で、見た目での判断で、
高速を走る多くの方が、復興したと勘違いしたら、
大間違いなのです。

なので、私は、バスの中で、
勝手に変な気持になっていました。

石巻河南インターで降りて
すぐのイオンで参加者をピックアップし、
鈴木さんの理髪店には、
予定到着時間の1時間遅れで14時になっていました。
(休憩場で休憩しすぎ?笑)

鈴木さんとは、電話でよく話をしますが、
久々に会えて、少しジーンとしました。

まずは、鈴木さんの理髪店の様子
破壊された家、堤防などを
歩いて回りました。

鈴木さんも事前にみんなが来るということで、
コースも色々と考えてくれていました。

この鈴木さんの家の周りも
とても当時より綺麗になっていました。


5月に行ったときの様子は、↓
http://blog2.umisakura.sub.jp/?eid=313

でも今だに、
人が住める状況ではなく、
鈴木さんは、仮説住宅に住んでおり
地盤沈下で、海水があふれてくるのです。

DSCN0886.jpg


DSCN0887.jpg

P1070672.jpg

P1070674.jpg

P1070675.jpg

P1070677.jpg

P1070678.jpg

P1070679.jpg

P1070680.jpg

P1070681.jpg

P1070684.jpg

見るだけでなく、色々なお話を聞きながら
歩きました。

津波が押し寄せる音。
その時の鈴木さんの行動。
そして、今だに発見されるご遺体の話。
地盤沈下。
住んでいる人がいない話。
昔の石巻市の話。
などなど

DSC04194 (2).jpg

DSCN0888.jpg


DSCN0889.jpg


DSCN0890.jpg

DSCN0891.jpg

DSCN0892.jpg

DSCN0893.jpg

DSCN0895.jpg


そしてバスに乗り込み、
海岸線をバスで走りながら見学しお話を聞きました。

DSCN0913.jpg

海岸付近も、あのときよりは、ずーーと綺麗になっており、
異臭もなくなっていました。

しかし、まだまだこんな状況です。

DSCN0897.jpg


DSCN0898.jpg


DSCN0899.jpg


DSCN0901.jpg


DSCN0903.jpg

地盤沈下の状況わかりますか?
写真へたくそで、すいません。
右が道路です。川ではありません。↑

DSCN0904.jpg


DSCN0905.jpg


DSCN0906.jpg

DSCN0907.jpg

DSCN0908.jpg











DSCN0909.jpg


P1070705.jpg

P1070706.jpg

P1070707.jpg


DSCN0910.jpg

DSCN0911.jpg

DSCN0914.jpg

DSCN0915.jpg


DSCN0916.jpg

P1070649.jpg

P1070650.jpg


P1070653.jpg


P1070655.jpg

P1070657.jpg

P1070658.jpg

P1070659.jpg

P1070664.jpg

P1070665.jpg

P1070667.jpg

P1070669.jpg

P1070670.jpg


P1070709.jpg

P1070710.jpg

P1070711.jpg

P1070712.jpg

P1070714.jpg

P1070715.jpg

P1070724.jpg

P1070738.jpg

P1070746.jpg

P1070752.jpg


DSCN0917.jpg

そして、高台にある
日和山公園から街を見渡し、
津波でスッカラカンの街にみんな唖然としていました。


DSCN0922.jpg

P1070760.jpg

P1070761.jpg

P1070762.jpg

P1070763.jpg

P1070765.jpg

P1070766.jpg

P1070767.jpg

P1070768.jpg

P1070769.jpg

P1070770.jpg

P1070771.jpg

P1070772.jpg

P1070775.jpg

P1070776.jpg

P1070767.jpg


みんな真剣に見て聞いてくれました。

そして、またバスに乗りました。

P1070781.jpg

P1070784.jpg

P1070785.jpg

P1070793.jpg

P1070794.jpg

P1070797.jpg

仮設住宅にもご案内してもらいました。
仮設住宅は、寒いそうです。
断熱材がないので、
とにかく寒いそうです。

あっちこっちの公共スペースに
多く建てられていました。


DSCN0933.jpg

みんなが、色々と感じているという顔をしていました。
雨もザァーザァーで、
これから、「ミニミニ祭り」で湊町一丁目の皆さんに
元気と爆笑を!!という雰囲気ではなくなっていました。

でも、みんなと、そうなることを想定し話し合っていたので、
みんなの切り替えは、素晴らしいものがありました。

「石巻ミニミニ祭り」の様子は、
次回のブログで報告します。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

links

mobile

qrcode


総合トップに戻る