海さくら代表 古澤純一郎のブログ

海さくら被災地プロジェクト 報告1(被災地にいくまで)

 11月19日(土)

海さくら軍団として、
被災地である宮城県石巻市に応援をしに行きました。

今年完成した「あなたの心が流れる先に」という海さくらドキュメンタリー映画が
あります。

その映画で、
タバコフィルターカヌー制作を試みました。

多くのカヌービルダーに断れるなか、
宮城県の中田さんが、協力してくださいました。

大変お世話になりました。そして人間力丸出しの最高の男です。


そして、3月11日の地震で、
中田さんの実家は、壊滅してしまい、
中田さんの叔父さんの鈴木さんご家族は、
避難所生活を半年以上続けてこられました。

5月に私達は、現地に入り、
想像以上の現場を見て、
ピンポイントで、
この石巻市湊町一丁目から元気を少しでも広げられればと、
微力ですが、応援してきました。

今、メディアでも
僕達自身の心でも、
被災地への関心が薄まってきているように感じております。

現地に行ってみて感じる。
話を聞く。

これは、一瞬、応援ではなく「見学」のような形に見られるかもしれません。

でも、何と言われようが、「見る」「感じる」は、
生であればあるほど、
心に落ちてくるものだと思っています。(ゴミ拾いも一緒)

簡単な言葉でいえば「見学」
そして、
「応援」をしたい。

みんなに感じてもらいたいと思いました。

鈴木さんにも聞いてみました。

鈴木さんは、こういいました。

「皆さんに来ていただく、見ていただくだけでうれしいですよ(笑)」と。

UMF2011が終わったら、すぐに実行しようと決めました。

(ゴミ拾い仲間からも、行きたいという声も沢山いただいてもいました。)

ブログやゴミ拾いでの集合で声をかけ、
今回は、石巻から相馬にも行くので、
原発放射能などの話をしっかりしたうえで、
自己責任を確認したうえで参加してもらえればと
その部分は、慎重でいないといけないと、緊張感をもって、
参加者をつどいました。

結果 私を含めて、27人参加してくださり、
カメラマン1人、運転手さんを含めると29人での
旅になったのです。

風邪をひいてしまったり、仕事の都合があったり、用事があったりして、
行けなくなってしまった方。

大丈夫です!また行きますし、
なるべくこのブログや今度お会いした時に、お話をします。

行く気がない人もいると思います。

もちろん大丈夫です。
人それぞれで、何も問題ありません。

でも、是非、このブログや、現状を知ろうとしてもらいたいです。

まだまだ被災地は、
大変な事になっている。

それは、知っていただきたいです。

ちょっと話は、脱線しますが、
こういう話をよく聞きます。

「一人ではなかなか行けない」
とか
「誰かが旗揚げをしてくれたからこそ行けた」
とか

僕は、「海さくら」として
みんなを連れていきました。
これからも、みんなと行きます。

でも、是非、個々の会社や、
カップル、友人などと、応援でも見学でもなんでもいいです。

行ってほしいです。

そのために、情報を伝えると。

宮城県ボランティアセンターがあります。

http://msv3151.c-bosai.jp/

そこで、
「災害派遣等従事車両証明書」というのを、上記HPから
ダウンロードしていただき、
記載し、ボランティアーセンターにfaxかメールで申請をすると
1日〜2日で、ハンコ付きの許可書を送ってくれます。

それを持って、
自分の会社や自宅の区役所や市役所に提出してもらうと、
証明書をもらえ、
被災地までの高速料金が無料になります。

とても簡単な手続きです。

高速料金が無料になる。

この事実を知るだけで、
もっと、多くの方が現場に行きやすくなると思い、
記載しました。

今回も参加者の方達の負担をなるべく減らすために、
使用いたしました。

話を戻します。

27人の参加者の方達と行く前に、
「何ができるのか!?」を話し合い、一緒に決めました。

結果「石巻湊町ミニミニ祭り」を実施し、
ひとときでも、爆笑し、元気になってもらえれるようにしようと決めました。

このミーティングは、本当にやってよかったです。

事前に現地の様子をお伝えできたこと。
被災者の方達の負担にならないようにしようと話あったこと。
現地にいかないと天気含め、どうなっているのか見えないよと確認できたこと。
参加者同士が、仲良くなれたこと。
他色々。

そのミーティングにこられなかった方とも電話で、
同じような話をしました。

今回の参加表明してくださった方と
話をし、力強く思い、
いいたびになると確信しました。


事前に役割分担をして、
現地に物資を送り、
アッというまに、
11月19日になりました。

朝7時に
東京駅を出発です。


つづく




コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

links

mobile

qrcode


総合トップに戻る