海さくら代表 古澤純一郎のブログ

宮城県石巻市湊町一丁目の鈴木様からの手紙

 先週に、
石巻市湊町一丁目で、
現在もなお、避難所の石巻湊小学校で暮らしている鈴木さんから
お手紙が届きました。

皆様にご紹介いたします。



前略

3月11日の東日本大震災に際しまして、私ども家族に対しまして大変なご心配を
頂きました。また身にあまるご支援お見舞いをいただき感謝に耐えません、
有難うございました。

被災から1〜2カ月間はどうしようも無く毎日の避難所生活はただただ不安と不便の
毎日でした。

そんな中みな様の温かいご支援により元気を頂きました。
有難うございます。

やっと8月22日に仮設住宅に当選したとの連絡がありましたが、今から建設するそうで、
完成するのは9月末との事です。場所は石巻市大橋地区で、
車で15分、歩いても45分ぐらいの所です。住む所が出来たという事でまず
ひと安心です。

また仮設店舗も被害を受けた自宅、奥の長男夫婦の居間に開設準備中です。



イス、鏡、流し、器具一式、準備はだいたい整いましたが、
玄関ドアは有りますが、サッシ戸3箇所が間に合わずベニヤ板でふさいでおります。






お客様の後押しも有り、見渡す限り無人の街ですが、
現在家内と2人で予約によるボランテア営業をしております。

いまだ復興計画が定まらず、現在も建築制限が続いておりますが、
その時は、その時で現在地でがんばります。

みな様の応援のおかげで今後の生活の見通しも出来つつあります。
有難うございました。今後とも宜しくお願い致します。

                                           鈴木理容所 鈴木克博



ようやく避難所から9月末に鈴木様は、出られます。
でも、まだ避難所には、数十人残るとの事。

今、約半年過ごした避難所の仲間達と
「これからもがんばろう!会」を鈴木さんが企画しています。

それと共に、海さくらは、
ビールやお肉などを
送ります。

半年間も一緒に過ごした方達と、仮設住宅が出来たからといって、
また離れるのも不安だったりすると思います。

復興計画も定まっていないのです。

私は、鈴木さんが、仮設住宅に引っ越しした後、
10月中旬くらいに、現地に入ります。

現在避難所に残っている方達の様子。
仮設住宅での様子。

色々と協力できることを目で見てきます。(もちろん自腹です。)

仙台で一泊して、
帰りに、福島県の相馬市にも足を運びます。

石巻の様子など、
是非、肉眼で見て、感じてほしいです。

その時は、皆様にも声をかけるかもしれません。
是非、一緒に!!(自腹ですよ。)

先日のUMF2011での募金と物販の売り上げ。
そして、金井さんからの募金など、
下記にかきます。

見てください。

先日のUMF2011で募金と物販の売り上げ(仕入金額を抜いた金額)
が、

54,326円になりました。

本当にありがとうございます。

そのうち、半分を山口洋さん達が実施している福島県相馬市への
プロジェクトに寄付しております。

そちらも合わせて、ご確認ください。


現在海さくらとして約10万円のストックがあります。
すぐに、お肉とお酒などに変えて、石巻市に送り、
避難所暮らしの方達の「これからもがんばろう!会」
がより元気がでることに協力いたします。

また報告しますね。

皆様のご協力心より感謝いたします。

これからも長期にわたって、海さくらは、
被災地を応援していきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


図1.jpg

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

links

mobile

qrcode


目指せ!日本一楽しいゴミ拾い

NPO法人 海さくら

神奈川県の江の島で2005年から「目指せ!日本一楽しいゴミ拾い」をモットーに 年間ビーチクリーンを行い清掃活動にイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体。江の島に「かつて生息していたタツノオトシゴが戻ってくるくらいキレイにする」という目標をかかげ、体験・体感を大事にし「楽しく」「楽しめる」活動を継続しています。

お問い合わせ

follow us >
代表BLOG
facebook
line
youtube
instagram