海さくら代表 古澤純一郎のブログ

釘のない海の家 今年もありがと!!

昨日、2020年9月8日(火)片瀬東浜にいき、釘のない海の家の解体現場にいきました。

 

施工してくださり、そして、解体してくださったHASEMAN様にお礼を言いにいきました。

 

本日9月9日(水)に完全に東浜から姿を消します。

解体後に、一つもゴミを出さないように致します。

 

施工してくれたHASEMANの久保田さんは、モーニングごみ拾いに参加してくれたり、

工事をしてくれた方もモーニングごみ拾いに参加してくれたり、

本当にこの「釘のない海の家」からあたたかい輪が広がってきていて、嬉しい限りです。

 

今朝も、

モーニングごみ拾いに参加してくれた方達が、東浜のゴミ拾いをしてくれています。

 

なかなか朝、行けず、心苦しいのですが、僕も朝、家周りのゴミ拾いと雑草抜きをするようになりました。

また気まぐれに朝、東浜にいきます!!

 

2017年から東浜に誕生した「釘のない海の家」は年を重ねるなかで、釘を浜から無くすだけではなく、

日本一安心・安全な浜・海づくりの拠点となり、多くの人達を結びつけ、協力をえて、笑顔を増やしてきております。

 

今年はコロナの影響で色々とありましたが、結果

藤沢市からの要請で、日本財団様と協議を重ね、熱い気持ちで建築をすることになり、

その気持ちが、モーニングごみ拾いになり、そのモーニングごみ拾いから、ブルーキノコが生え、

キノコのように砂浜に根付き、やさしく胞子のように広がっていった仲間達。

その仲間達と「東浜魂」が生まれ、Tシャツが生まれ、釘のない海の家で、ごみ拾いが出来る仕組みも

構築しました。

 

日本財団様、藤沢市様、かながわ海岸美化財団様、出羽商会の皆様、JET CHOPの皆様、東浜組合の皆様、

江の島の住民の皆様、西浜ライフセービングクラブの皆様、HASEMAN様、そしてそして、多くの参加者様と

力を合わせることができました。

 

この「想い」は、次への道を作りました。

 

放置ごみをみると、「怒り」がこみ上げます。でも、その「怒り」からは、何も解決にならないのです。

「釘のない海の家」を建築するまえは、釘が浜に落ちていることに僕は、「怒り」があり、

藤沢市や神奈川県に文句を言いに行きました。

 

でも、それは、なにも解決しませんでした。

なので、怒りではなく、自分事にしてもらうための挑戦が「釘のない海の家」でした。

 

海が好きでそこに東浜にきた!!でもマナーが悪い!!

そこでグット発想の転換。(ここは、自分に勝たないといけないのですが・・・)

 

その方達が海を大切にしたくなることを現場や、

色々な方法で、根本的になにをすれば、この浜は、本当にキレイになるのだろうか!?

 

やることいっぱいです。

 

釘のない海の家を片瀬東浜に誕生させること、継続的に建築させていただくこと、

本当に大変です。でも、ここから、優しい輪が広がってきた事実もあります。

 

マジで本当にこの東浜をキレイにしたい!!

みんなが海で楽しめる自慢の浜にしたい!!

 

それは、具体的な解決策と行動と継続、そして笑顔と楽しさも忘れずに

頑張っていきたいです。

 

生きている間に、実現させましょうね。

いつかではなく、生きている間に!!

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

links

mobile

qrcode


目指せ!日本一楽しいゴミ拾い

NPO法人 海さくら

神奈川県の江の島で2005年から「目指せ!日本一楽しいゴミ拾い」をモットーに 年間ビーチクリーンを行い清掃活動にイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体。江の島に「かつて生息していたタツノオトシゴが戻ってくるくらいキレイにする」という目標をかかげ、体験・体感を大事にし「楽しく」「楽しめる」活動を継続しています。

お問い合わせ

follow us >
代表BLOG
facebook
line
youtube
instagram