海さくら代表 古澤純一郎のブログ

2020年3月10日(火) アマモ苗植え場所の調査に行きました

2020年3月10日(火)くもり時々雨

 

先月の2月25日の定期観察では、エノスパ前と西浦の2カ所に植え付けした

3代目のアマモが見当たらず、消失してました。

 

とても残念な結果になってしまいましたが、諦めずに4代目を植える場所の現場調査に行ってきました。

(漁師さんが昔にアマモが沢山生えていたという場所の調査です)

 

現地調査には、江ノ島片瀬漁業協同組合の組合長の北村さんに案内してもらいました。

 

天候の悪い中ありがとうございました。

 

 

 

0001.jpg

写真は北村さんと、海さくらスタッフの赤池と、猫ちゃん。

 

 

 

それでは、調査に行きたいと思います。

 

0002.jpg

 

0003.jpg

 

0004.jpg

 

0005.jpg

 

0006.jpg

 

0007.jpg

 

ちょっと怖いところです。写真ではわかりづらいですが、雨で岩が滑りやすく、緊張しました。

引き潮の時でも、子供たちは徒歩で行くのはちょっと難しいと思います。

(西浦の先の先です)

 

0008.jpg

 

北村さんはスイスイ進んでいきますが、下のコケが滑るので遅れてしまいます。

 

 

 

西浦の防波堤からの撮影。わかりづらいのですが、赤丸の位置は下のMAPの位置です。

 

0009.jpg

 

0010.jpg

 

 

 

赤丸の位置からの様子です。この入江は人が来づらい所なので期待が高まります。

 

0011.jpg

 

0012.jpg

 

0013.jpg

 

次回、上記のポイントを水中の調査する予定です。

 

水中の砂を採取し、日当たり、海流などを調べ、大切で貴重な相模湾生まれのアマモを植えてよいか判断したいと思います。

 

調査の結果は、わかり次第ご報告いたします。

 

 

記:諏訪

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

links

mobile

qrcode


目指せ!日本一楽しいゴミ拾い

NPO法人 海さくら

神奈川県の江の島で2005年から「目指せ!日本一楽しいゴミ拾い」をモットーに 13 年間ビーチクリーンを行い清掃活動にイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体。江の島に「かつて生息していたタツノオトシゴが戻ってくるくらいキレイにする」という目標をかかげ、体験・体感を大事にし「楽しく」「楽しめる」活動を継続しています。

お問い合わせ 各地の海さくら ▸