海さくら代表 古澤純一郎のブログ

WORLD CLEANUP DAY  〜 Lets Do it World Conferrence 〜  @エストニア

2020年1月23日(木)〜1月29日(水)まで

「WORLD CLEANUP DAY 〜 Lets Do it World Conferrence 〜 」がエストニアのタリンで開催されるにあたり、

私と赤池(通訳&海さくら社員)とWORLD CLEANUP DAY JAPANの浅井さん3人で

日本代表として参加させていただきました。

 

WORLD CLEANUP DAY(以下:WCD)は、2008年にエストニアでたった9名の若者が立ち上がり、呼びかけ

約5万人がゴミ拾いに参加したことから生まれました。(エストニアの人口は130万人 人口の約3.8%が参加し

約1000トンのゴミを拾ったのです)

 

その伝説が世界に広がり、日本では

2018年からWCDに参加し、そこで海さくらの山野辺&小野木が全力をだし、WCD JAPANの協力をしたことが

評価され、2019年からは、WCDの主催として、我々NPO法人海さくら・日本財団が加わりました。

 

2018年の様子は

http://blog2.umisakura.sub.jp/?eid=1602

 

2019年の様子は

http://blog2.umisakura.sub.jp/?eid=1807

 

そして、先日、世界のWCDのリーダー達が集結する「WORLD CLEANUP DAY CONFERENCE」に

参加させてもらえることになったのです。

 

昨年2019年には180ヶ国の国が参加し約2000万人が9月のWCDでゴミを拾ったのです。

 

DSCN4494.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「WORLD CLEANUP DAY CONFERENCE」は、

世界のWCDのリーダーたちが集まり、

 

★その国のごみの事情

★どうやって人を集めたのか?

★そのサポートをどのように受けたのか?

★過去の反省、今後の展望

★etc

 

などの発表を聞いたり、質問したり、議論をし、

よりよい地球にしていこうという主旨。

 

世界の皆様と、ワークショップ的なグループワークをしながら、

色々な世界の考え方を学び、自国に持って帰り、参考にしていくのです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は、英語がしゃべれません。通訳をしてもらったのですが、

歯がゆい・・・

 

自分で理解し、自分で熱を込めて発言できるようにならないと・・・と強く思いました。

 

英語がみんなの共通言語で、その会では、僕だけが英語がしゃべれなかったのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

WCDに参加した人数を集計した結果がありました。(2019年)

 

インドネシア 9,548,315人

パキスタン  2,500,524人

USA    1,750,362人

インド    1,689,392人

 

私達が全力でやっているブルーサンタでも日本全国で1万人・・・

LTOでも年間ごみ拾い参加人数で約1万人・・・

 

僕は、人数よりも継続的に実施し、本質的なゴミの源の理解、街と海の繋がりの理解、

自分ごとにいかにおしつけがましくなく落とし込めるか、海にきて楽しんでもらえるか?を

重視し、丁寧に進めておりますが、圧倒的な参加人数の違いに、悔しさを覚えました。

 

そして、WCDの参加人数が多い国は、当然このカンファレンスでは発言出来る場面が多く、

ムムム・・と思いました。

 

こんなデータもあります。(ランキングもあります)

その国の人口に対してのWCDごみ拾い参加人数ランキング

 

キルギスタン 10%

ブルガリア  6%

カンボジア  5%

 

キルギスタンは、国民の10人に1人がWCDを通して、ごみを拾っているのです。

ちなみにキルギスタンのWCDの参加人数は610,343人。

 

DSCN4495.jpg

 

色々と考えました。

なんでこんなに人をまきこめるのか!?

 

各国色々とごみ事情も違います。

 

日本でも、正直、多くの人に1度でもいいからゴミを拾う行動をしてもらいたいと思っているのです。

 

ごみ拾いに参加してもらうことは、本当に大変です。

僕たちも色々と挑戦をしていますが、本当に大変です。「愛」が必要ですし、

「計画」も必要ですし、「企画」も必要ですし・・・「楽しさ」も必要です。

 

一つ気づいたことがあります。

 

私は、年始に入院しました。正直、あまりの痛さで「死」を感じたのです。

病気になり、自分の体調のことをやっと考えました。

 

日本は、街も海も一瞬キレイに見えます。おそらくほとんどの人が「そんなにゴミないでしょう」と

おもっているという単純なことに気がつきました。つまり、病気になる前の僕の状態。

病気にならないと、わからない。病気になっては遅い時もあります。(ちなみに私は完治したので大丈夫だったのですが)

 

危機的な要素が見えにくい環境が日本にあるということです。(日本の海・環境のピンチが他人事の現状や知らない人が多い)

 

その状況を理解できたというのは、僕にとっては大収穫です。

 

では、どのようにしていくのか?まだ答えは出ておりませんが、未病の状態での啓蒙のむずかしさもありますが、

頑張っていきたいと思います。

 

そして、人数を主には、考えておりませんが、多くの人達に伝える方法に、

自分でいつのまにか境界線を引いてチャレンジしていなかったことを思い出しました。

その思い出したチャレンジには、誠意と熱意をもって今年頑張ろうと決めました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

我々の今回の出張の目的は、

 

★WCDの理解を深め、よりよい日本での開催に繋げれるようにすること

★エストニア発祥のWCDだからこそ、エストニアを勉強し自分の目で確かめること

そして最大の目的は、

「海の日」という日本で生まれた日に、WCD参加の各国の皆様に「OCEAN」を想う

ブルーサンタに参加してくれないか!?と呼びかけることです。

 

WCDの理解は、ある程度でき、日本ではこんな形で進め、こんなイベントにすることがいいのでは?と

我々の国独自のやりかたで、しっかりと「地元」に根付いたことをしていきたいと思いました。

逆に参加したことで、世界より先に日本でしっかりとやることがいっぱい見えました。

 

エストニアのタリンという街や、タルトという街にいき、勉強するつもりでしたが、

ホテルに缶詰めで、街にいく時間がほとんどとれませんでしたが、少ない時間で

リサイクルの仕組みを現場でみれました。このブログで、後ほど、紹介いたします。

 

ブルーサンタのプレゼンは出国前に全世界の皆様にできるということで、行ったのですが、

プレゼン前日に、WCDの事務局から、日本よりの宣伝に近いとNGが急にでて、怒りで頭が爆発しそうでしたが、

切り替えて、WCDのコーヒーブレイクの時間で、ブルーサンタの格好をして、多くの人に

個別に参加をうながしました。結果、WCD本体でのブルーサンタのプレゼンはできなかったのですが、

WCDのあとのアジア圏の皆様の前ではプレゼンの許可がおり、プレゼンさせていただきました。

(これにより、街をめぐる時間がなくなったのです。笑)

 

 

そんなこんなで、我々日本チームは、ヘトヘトになりました。

 

3人ともそれぞれに本当に頑張ったと思います。

世界の前に、しっかりと自分達のやることがみえました。

 

そして、色々な国のゴミ事情や、考え方にもふれ、

参考になりましたが、我々「海さくら」の挑戦は、世界の活動の見本となることもわかりました。

 

やること、やりたいことが、膨れ上がり帰国しました。

今回、こういう機会をくださいました多くの皆様に感謝です。

 

背中に山ちゃんや小野木の頑張り、日本で共に活動している皆様との想い、

日本財団さんをはじめ、僕らを信じて応援してくださっている方達の想いが

ありました。

 

だから、頑張れました。でも、おもうような結果が出なかったのも事実です。

もっともっと頑張って、海をキレイにして、参加人数はもちろん大事かもしれませんが、

次世代に「自然の素晴らしさ」「自然・海の楽しさ」を伝えていき、笑顔から

海をキレイにしていきます。

 

本質を問い、自分の目で見たことを信じ、これからも「楽しく」みなさんと共に

活動していきたいです。

 

赤池は、僕の通訳をしながら、僕にガミガミ言われながらも、多くの国の人と

最後まで交流し、最後まで頑張ってくれた姿も、また背中に想いがのりました。

 

どこまでできるか、わかりませんが、1日1日を全力で大切にすごし、海をキレイにしていきたいと

また強く思いました。

 

ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、そんなホテル缶詰状態でしたが、少し抜け出し

エストニアのリサイクルBOXをどうしてもみたく、

2時間脱走し街を見てきました。

 

スーパーをみつけ、入口にリサイクルBOXを発見。

ペットボトル・缶・瓶が入れられ、中にそれを入れると

約10%の還元がされる仕組みです。

 

DSCN4574.jpg

 

ペットボトルを1本入れると10円(だいたいの計算)

10本入れるとジュース1本が買えるのです。

またお金で還元しないで寄付というボタンを押すと、未来の子供達に寄付ができるようです。

 

今セブンイレブンのペットボトル回収は、

1本入れると0.2円の還元だったかと思います。

5本いれると1円・・・

 

そこを利用する人がいますが、還元率を変えることで

なにかリサイクル率の向上につながるとも思いました。(還元される費用は各メーカーが負担しているようです)

 

私はスーパーの入口のリサイクルBOXで20分くらい

どんな人がくるのか!?または来ないのか!?待っていたら、

どんどん人がBAGいっぱいにペットボトルや缶などを入れて、

そこにきました。30代の男性、20代くらいの女性、おばさんなどなど、

入口に設置してあること、リサイクルBOXの浸透にはビックリしました。

 

DSCN4580.jpg

 

DSCN4584.jpg

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それでは写真で雰囲気をお伝えしたします。(上重カメラマンはいなかったので、僕の写真ですが・・・笑)

 

DSCN4432.jpg

成田からヘルシンキにむかいました。フィンランド航空で。

 

DSCN4434.jpg

垂直尾翼にFの文字。僕もFなので少し親近感がありました。

 

DSCN4436.jpg

ヘルシンキに到着。成田から約10時間。(季節により飛行時間は変わります)

 

DSCN4439.jpg

浅井さんと赤池

 

DSCN4449.jpg

ヘルシンキからプロペラ機で約30分。タリンに到着。

 

DSCN4454.jpg

タリンに着くと出口にWCDの皆様が出迎えてくれました。

 

DSCN4458.jpg

タリン空港から電車で20分くらい乗り、ホテルに到着。

ホテルでもありWCDの会場でもあるので、入口の電光掲示板にWCDになっており

テンションが少しあがりました。気温はマイナス2度。

 

DSCN4459.jpg

こんな電光掲示板

 

DSCN4463.jpg

中に入ると受付があり、ちゃんとJUNICHIRO FURUSAWA JAPANが登録されており

ホットしました。

 

DSCN4467.jpg

ついたその日にウエルカムパーティーがあり、飛行機で寝られない僕はヘトヘトでしたが、

プレゼンのためにも、参加された方に全員に挨拶と握手をし、印象づけようと必死でした。

中には、「あのJAPANの男性、話しているときに割り込んできた」というクレームももらいました。

 

割り込んだつもりはなかったのですが・・・

 

そして、日本から来たという事で「あなたの国はプラスチックを出しすぎ」と赤池がいきなり

怒られるシーンもありました。

 

その2つの出来事が日本の代表である自覚を思い起こさせてくれましたが、委縮しないようにも

心に決めました。

 

DSCN4468.jpg

タイムスケジュールです。

 

DSCN4469.jpg

会議室前のポスター

 

DSCN4471.jpg

こんな感じです。

 

DSCN4475.jpg

 

DSCN4476.jpg

 

 

 

DSCN4474.jpg

翌日、エストニアの首相も来られたり盛大な開会式が行われました。

 

DSCN4480.jpg

 

DSCN4481.jpg

 

DSCN4482.jpg

 

DSCN4483.jpg

 

DSCN4484.jpg

 

DSCN4486.jpg

 

DSCN4487.jpg

 

DSCN4488.jpg

 

DSCN4489.jpg

 

DSCN4492.jpg

 

DSCN4493.jpg

 

DSCN4494.jpg

 

DSCN4495.jpg

 

DSCN4498.jpg

 

DSCN4505.jpg

 

 

DSCN4506.jpg

 

DSCN4507.jpg

 

DSCN4508.jpg

 

DSCN4509.jpg

 

DSCN4510.jpg

 

DSCN4511.jpg

 

DSCN4512.jpg

 

DSCN4513.jpg

 

DSCN4514.jpg

 

DSCN4515.jpg

 

DSCN4516.jpg

 

DSCN4517.jpg

 

DSCN4518.jpg

 

DSCN4519.jpg

 

DSCN4521.jpg

トングにアイフォンセットし、ごみを撮影できるグッツ。

USAの方が発表してくれました。

 

DSCN4523.jpg

 

開会式から、色々な発表、ワークショップをみっちりやりました。

そして、僕は脱走です。

 

DSCN4525.jpg

ホテルから昼に外にでれなかったので、気分が爽快になり、ホテル入口でパシャリ!

 

DSCN4526.jpg

 

DSCN4527.jpg

 

DSCN4528.jpg

雪はたまに振りましたが、道路は雪解けあとのような、粉塵がありました。

 

DSCN4531.jpg

路面電車と車。

 

DSCN4534.jpg

ホテルの近くには映画館もありました。

 

DSCN4535.jpg

新市街と旧市街があるのですが、新市街の中にもアンティークな旧市街的なオシャレな建物が沢山

ありました。

 

DSCN4536.jpg

 

DSCN4537.jpg

 

DSCN4538.jpg

オブジェがかわいい!!

 

DSCN4539.jpg

ファッション雑誌の撮影にはもってこいの景色がたくさんありました。

 

DSCN4540.jpg

 

 

DSCN4541.jpg

 

DSCN4542.jpg

 

DSCN4543.jpg

 

DSCN4544.jpg

オシャレ!!

 

DSCN4545.jpg

煙突がお気に入り!!

 

DSCN4546.jpg

 

DSCN4547.jpg

 

DSCN4549.jpg

僕のお気に入りのオブジェ。これは何?

 

DSCN4550.jpg

 

DSCN4551.jpg

いたるところに灰皿があり、僕にとっては最高!!

 

DSCN4552.jpg

日本食?らしい文字。違うかな?

 

DSCN4554.jpg

 

DSCN4555.jpg

タバコ吸いまくりの路上

 

DSCN4556.jpg

 

DSCN4557.jpg

ほんと絵になる

 

DSCN4558.jpg

 

DSCN4559.jpg

誰かが屋根から僕を見つめている・・・

 

DSCN4560.jpg

自転車のオブジェ

 

DSCN4561.jpg

 

 

DSCN4562.jpg

エストニアの旗

 

DSCN4565.jpg

日本の床屋さんと同じ印

 

DSCN4566.jpg

 

DSCN4567.jpg

 

DSCN4568.jpg

やっと見つけたスーパーマーケット!!

 

DSCN4569.jpg

 

DSCN4570.jpg

 

DSCN4571.jpg

 

DSCN4572.jpg

 

DSCN4573.jpg

 

DSCN4574.jpg

 

DSCN4575.jpg

 

DSCN4576.jpg

 

DSCN4578.jpg

 

DSCN4579.jpg

 

DSCN4580.jpg

 

DSCN4584.jpg

 

DSCN4586.jpg

また灰皿

 

DSCN4587.jpg

 

DSCN4588.jpg

 

DSCN4589.jpg

 

DSCN4590.jpg

 

DSCN4591.jpg

 

DSCN4592.jpg

 

DSCN4593.jpg

 

DSCN4594.jpg

 

DSCN4595.jpg

 

DSCN4596.jpg

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さぁ、ブルーサンタを世界へ

 

S__12214279.jpg

44才、英語しゃべれない中、笑顔とゴミ袋とトングで

会場の入り口で準備OK。休憩時間はいつもブルーサンタ!!

 

S__12214281.jpg

 

S__12214282.jpg

空手好きな方。スロベニアの方

 

S__12214283.jpg

フランスの方

 

S__12214284.jpg

フランスの方

 

S__12214290.jpg

左:パキスタンの方 右:イランの方

 

S__12214299.jpg

インドの方

 

S__12214302.jpg

台湾の方

 

S__12214305.jpg

インドネシアの方

 

S__12214309.jpg

カンボジアの方 赤池も合流

 

S__12214311.jpg

USAの方

 

 

S__12214314.jpg

アイスランドの方

 

S__12214316.jpg

スウェーデンでフィリピン在中の方

 

S__12214318.jpg

クエートの方

 

S__12214320.jpg

左の男性:インドネシアの方  真ん中:中国の方  右:ノルウェーの方

 

S__12214326.jpg

キルギスタンの方

 

S__12214328.jpg

モンゴルの方

 

S__12214332.jpg

キルギスタンの方

 

S__12222466.jpg

モザンビークの方

 

S__12222476.jpg

左:スペインの方  真ん中と右が エストニアの方

 

S__12222478.jpg

エストニアの方

 

S__12222484.jpg

上2人:エストニアの方

 

 

S__12222486.jpg

モザンビークの方

 

 

S__12222489.jpg

左:コンゴの方  右:バハマの方

 

S__12222492.jpg

インドの方

 

S__12222494.jpg

エストニアの方

 

S__12222496.jpg

左からパレスチナの方 インドの方 トルコの方 右:パレスチナの方

 

 

S__12222501.jpg

ポーランドの方

 

S__12222503.jpg

モザンピークの方

 

S__12222505.jpg

ウクライナの方

 

S__12222507.jpg

イタリアの方

 

S__12222511.jpg

中国の方

 

S__12222513.jpg

サイポーズ?の方?

 

S__12222515.jpg

インドネシアの方

 

S__12222517_0.jpg

USAの方

 

 

写真撮影以外の方にも、多くブルーサンタを一緒にと頑張りました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こういう機会をいただき、

多くの皆様に感謝でいっぱいです。


ありがとうございました。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

links

mobile

qrcode


目指せ!日本一楽しいゴミ拾い

NPO法人 海さくら

神奈川県の江の島で2005年から「目指せ!日本一楽しいゴミ拾い」をモットーに 13 年間ビーチクリーンを行い清掃活動にイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体。江の島に「かつて生息していたタツノオトシゴが戻ってくるくらいキレイにする」という目標をかかげ、体験・体感を大事にし「楽しく」「楽しめる」活動を継続しています。

お問い合わせ 各地の海さくら ▸