海さくら代表 古澤純一郎のブログ

かながわ海岸美化財団主催:海岸美化団体交流会

2019年3月2日(土)

 

公益財団法人かながわ海岸美化財団交流会に参加してきました。

 

2005年に「海さくら」を立ち上げ、立ち上げ当初は、ごみ拾いについて、何も知識がなく、

かながわ海岸美化財団様に飛び込み、柱本さん、高辻さんに本当にお世話になりました。

 

それから、江の島にゴミ箱を寄贈したり、そのあと、ごみ箱のメンテナンスを

美化財団の駐車場でやらせていただいたり、今では、海の叫び魚の展示、各イベントの

ゴミ回収などなど、本当にお世話になりっぱなしの財団法人様です。

 

14年間も共に実施させていただいております。

 

この交流会は、美化財団から、ごみ拾いを頑張った団体・学校・個人に

表彰式があります。(感謝状の贈呈式があります)

 

いつもこの瞬間おもうのは、

この「かながわ海岸美化財団」様が存在するから、気持ちよくゴミ拾いができていて、

僕ら団体から、かながわ海岸美化財団へ感謝状を出したいとおもっちゃうのです。

 

各地の海さくら兄弟の話を聞いていても、ごみの回収・処分など、本当に大変で

神奈川県のごみ拾い団体は、恵まれていると思うのです。

 

本当に感謝でいっぱいです。

 

53263088_2121055174627493_1628500063607062528_n.jpg

 

会場には、多くの方達が出席しておりました。

いつのまにか、知り合いばっかりで、「お久しぶりです!」の握手を交わしまくりでした。

 

環境応援団いっぽ の代表、前田さんと久しぶりに会ってお話しもできました。

同じ時期に活動をはじめ、ほぼ僕と同じ年、素敵でカッコイイ代表です。

いつか海さくらと一緒に色々とやりたいとお願いしてきました。

 

交流会は、昔、白熱した議論がありました。

色々な考えをぶつけ合い、どうやったら「海はキレイになるのか!?」

 

いつかまた、そういう議論の場ができるようにしたいです。

 

事実を知る。環境を知る。とても大事なことです。

そのあと、「どうすればいいのか!?」が次にきて、

実行し、結果を出す!!

 

「どうすればいいのか!?」を議論して、そこから実行することは、

とても大変です。でもでも、この「どうすればいいのか!?」から実行をしていかないと、

急速に悪化する海の環境が手遅れになります。

 

海さくらは、この実行・挑戦をしつづけています。

ただ、1団体で突き進むことも大事ですが、気の合う団体と手を組み、

環境に興味のない人をいかに、関心をもってもらえるかが重要だと思います。

 

こういった交流会で、仲間をつくり、

力を合わせて、海の環境活動をこれからも実施していきたいと思います。

 

あらためて、

かながわ海岸美化財団様に感謝すると共に、

この交流会から、海がよりキレイになることを望んでいます。

 

ありがとうございました。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

links

mobile

qrcode


目指せ!日本一楽しいゴミ拾い

NPO法人 海さくら

神奈川県の江の島で2005年から「目指せ!日本一楽しいゴミ拾い」をモットーに 13 年間ビーチクリーンを行い清掃活動にイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体。江の島に「かつて生息していたタツノオトシゴが戻ってくるくらいキレイにする」という目標をかかげ、体験・体感を大事にし「楽しく」「楽しめる」活動を継続しています。

お問い合わせ 各地の海さくら ▸