海さくら代表 古澤純一郎のブログ

慶應義塾中等部の中学3年生250人の前で講演

2018年2月24日(土)

 

慶應義塾中等部の中学3年生にむけて

「環境講座」という授業をさせていただきました。

 

250人の生徒さんへの講演は、さすがにドキドキしました。

自分が中学生の時は、どんな男だっただろうか!?

 

私は、慶應義塾普通部出身でラグビー部で、中等部のラグビー部はライバルでした。

普通部 VS  中等部 は、早慶戦のような、かなり気合の入る試合だったのを覚えています。

 

中等部は、男女共学

普通部は、男子のみ

 

普通部 VS 中等部の試合では、中等部に女子が沢山応援に来ていました。

我々は「THE 男子中学」のため、そのあたりでも絶対負けたくなかったのを思い出しました。

 

中学1年生から試合に出させていただいていたのですが、

中学3年のときは、鼻を骨折しており、鼻まわりにグルグルにテーピングをまいて

ただでさえ気持ちが悪い僕の顔は、テーピングで気持ち悪さ倍増!!

 

そして、試合も負けてしまいました。

悔しかった・・・

 

今でもその悔しさはあります。

 

そんなライバル中等部の心をもったままの講演でした。

 

でも、当たり前かもしれませんが、

中等部の学生達は、本当に素敵で素晴らしかった・・・

 

よく話を聞いてくれて、

講演後に駆け寄ってくれてキラキラした目で感想を言ってくれました。

 

今回の講演では、

★街のゴミが海にいく(どういう仕組みで)

★一人から始めた海さくらも、今は多くの皆様の協力があって、まだ活動途中ですが、イロイロな

応援があるから、中学生のみなさんも夢をあきらめないで!!という内容でした。

 

こういう講演をやらせていただけること、

大切な授業で我々を選んでくださったこと

当たり前ではなく、本当に感謝でした。

 

そして、講演を通じて、中学生や高校生などが環境活動に関心を持つための施策は、

今までの「やり方」とは違う・・・とわかりました。

中学生や高校生に関心をもってもらうためには、もっともっと、ディスカッションをしたいと

思いました。


僕のアイディアは、やはり「40代むけ」であることを認識したのは、

僕にとっては大きな収穫でしたし、中等部のみなさんとディスカッションをしたいです。

 

講演の良しあしは、学生さん達が決めることなので、

全力で実施したこと以外は、わかりませんが、

拍手と歓声が最後にあがったことは、心地がよかったです。

 

年齢を超えた友達ができそうです。笑

皆様ありがとうございました。

 

ACS_0122.jpg

 

ACS_0128.jpg

 

ACS_0129.jpg

 

ACS_0139.jpg

 

ACS_0140.jpg

 

ACS_0145.jpg

 

ACS_0150.jpg

 

ACS_0155.jpg

 

ACS_0156.jpg

 

ACS_0158.jpg

 

ACS_0161.jpg

 

ACS_0164.jpg

 

ACS_0171.jpg

 

ACS_0172.jpg

 

ACS_0173.jpg

 

ACS_0174.jpg

 

ACS_0175.jpg

 

ACS_0176.jpg

 

ACS_0180.jpg

 

ACS_0191.jpg

 

ACS_0195.jpg

 

ACS_0198.jpg

 

ACS_0210.jpg

 

ACS_0212.jpg

 

ACS_0218.jpg

 

ACS_0224.jpg

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

links

mobile

qrcode