海さくら代表 古澤純一郎のブログ

海創造プロジェクト アマモの種を採りに小坪へ

2017年7月6日(木)

アマモの種を採りに小坪に行きました。

 

ACS_8177.jpg

 

海さくらの最大目標は、海をキレイにして、かつて江の島に多く生息していた

タツノオトシゴを戻すくらい海をキレイにする!!です。

 

12年間、ゴミ拾いを中心に人間の生活と海・自然環境の繋がりを

伝えようとしております。

 

活動10年目、ゴミや人間の生活といった車輪だけを回すのではなく、

海の中の様子も今まで以上に想像し、伝えていき、藻場をつくり海を浄化し、

そして、藻場に多くの生物が戻ってこれるように、頑張ることを決めたのです。

 

それが、

 

「海さくら 海創造プロジェクト」です。

 

http://umisakura.com/enoshima/umisouzou/

 

上記のHPを見ていただき、読んでいただきたいのですが、

 

海の中、自然の生物連鎖など、本当に海は繊細でもあります。

 

なので、2年間、江の島の住民の皆様にお話を聞いたり、

神奈川水産技術センターの工藤様や、色々な方達のところに勉強に行かせていただきました。

 

アマモには遺伝子があり、我々はその遺伝子を大切に考え、

アマモの移植ではなく、育ててから植えるという選択をしました。

 

そして、昨日

アマモの達人、松永さんと一緒に小坪で大切に育てられたアマモの種を

採取させていただきに行きました。

 

例年より水温があがらず、アマモの種の採取は、例年にないくらい不作とおっしゃっていました。

 

ダイビング初心者の私と石合と2人で採取し、

上重泰秀(じょうじゅう やすひで)カメラマンが私達を撮影してくれました。

 

下記の写真を見ながら説明させていただきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

DSC_5478.jpg

小坪マリーナの松永さんは、相模湾で藻場をつくり、

海の浄化と魚が戻って来れるように色々と活動されてきた方です。

まずは、再度、お勉強会!!

 

DSC_5484.jpg

 

DSC_5488.jpg

 

DSC_5492.jpg

 

DSC_5497.jpg

 

DSC_5508.jpg

規格外の大きさの私です。ウエットスーツ一番大きいのをお借りしたのですが、

キツイのなんの!!

もっと痩せることを決意しました。

汗も出まくっていました。笑

 

DSC_5518.jpg

 

DSC_5522.jpg

 

DSC_5525.jpg

そして、タンクやレギュレーターをつけて、船にむかいました。

 

ACS_8126.jpg

 

 

DSC_5526.jpg

松永さんは、サーファーみたいな容姿ですが、サーフィンはしないようです。笑

 

DSC_5529.jpg

汗がとまりませんでした・・・

 

ACS_8133.jpg

 

DSC_5530.jpg

 

DSC_5531.jpg

 

DSC_5533.jpg

限界・・・暑い・・・・笑

 

 

DSC_5537.jpg

 

DSC_5541.jpg

 

ACS_8139.jpg

 

ACS_8141.jpg

 

ACS_8145.jpg

 

DSC_5544.jpg

約30分間水中で、アマモの種を採るのですが、花枝を見つけるのがよくわからなく、

水中で、私と石合は、苦戦していました。花枝があっても、熟したいい状態の種をとってくれ!!

の指令もあり、ますます水中で困っていました。

 

本来、多くの皆様と一緒にアマモの種を採りたかったのですが、

アマモの遺伝子は、相模湾産がいいということと、小坪のアマモが強いという山木さんの判断で、

潜らないと取れない場所を選択。今回は、私達がみなさまの代表で潜って採取したのです。

 

潜って、最後のほうに花枝を探すコツがわかってきました。

 

花枝に「アマモの種」がついているのですが、それを抜くのにも気をつかいました。

根から引っこ抜いてはいけないのです。正直、何本か根から引っこ抜いてしまいました。

 

水中で「NO−−−−−−−−−−−−−−ぉ!」と叫んでしまいました。

 

(水中の写真は後日アップします)

 

ACS_8177.jpg

 

 

 

 

 

DSC_5547.jpg

無事に帰還しました。

アマモ場は、生物の棲家ですが、生物を見る余裕はゼロでした。笑

 

DSC_5552.jpg

 

DSC_5554.jpg

採った「アマモの花枝」です。

 

DSC_5568.jpg

さぁ見えますか?この花枝に「種」が入っているのです。

 

DSC_5573.jpg

見えましたよね?これが、種です。

 

DSC_5577.jpg

種は、とっても可愛かったです。

 

DSC_5586.jpg

大切な大切な種です。

 

DSC_5600.jpg

 

ACS_8189.jpg

桟橋の下にアオリイカの赤ちゃんたちが泳いでいました。

アマモ場があるから、生まれたのです。可愛かった〜!!

僕らも頑張りましょう!!

 

DSC_5616.jpg

 

DSC_5621.jpg

 

DSC_5629.jpg

アマモの花枝を再度、チェック!!

 

DSC_5633.jpg

 

DSC_5641.jpg

 

DSC_5657.jpg

 

DSC_5660.jpg

熱い気持ちを我々に注入してくれました。

 

DSC_5684.jpg

採ってきたアマモの花枝を鹿島建設(株)技術研究所 葉山水域環境実験場の山木さんのところに

運びました。

 

DSC_5686.jpg

山木さんのところで、ある程度まで育ててもらいます。

 

DSC_5689.jpg

 

 

DSC_5690.jpg

 

DSC_5692.jpg

アマモの花枝についていますゴミなどを水で洗います。

 

DSC_5696.jpg

 

DSC_5708.jpg

洗ったアマモをこの大きな水槽(海の水)に入れます。

太陽を取り込みすぎないような環境にするために、黒い編みをかけます。

 

DSC_5710.jpg

 

DSC_5714.jpg

 

DSC_5716.jpg

 

DSC_5720.jpg

 

 

DSC_5728.jpg

この水槽に我々のアマモの花枝を入れます。

 

DSC_5732.jpg

 


DSC_5741.jpg

先ほど、水で洗ったアマモに重りをつけます。10本くらいの束にしてから、「おもり」をつけます。

 

DSC_5745.jpg

 

DSC_5749.jpg

 

DSC_5758.jpg

 

DSC_5761.jpg

 

DSC_5764.jpg

おもりです。

 

DSC_5769.jpg

 

 

DSC_5776.jpg

 

DSC_5793.jpg

そして水槽へ

 

DSC_5797.jpg

 

DSC_5798.jpg

 

DSC_5809.jpg

 

DSC_5812.jpg

 

DSC_5817.jpg

これであと1か月くらいすると、花枝から種が下に落ちます。

その「種」を一か月後に、拾い集めるのです。その時は、みなさん、一緒にやりましょうね!!笑

 

今回の作業はここまでです。

 

1か月か2か月後に種を集めたら、その種を保存します。

そして9月か10月にその種をポットにいれます。

そして、鹿島建設で育て、来年の4月くらいに西浦に植えるのです。

 

100ポットを植えられるように進めております。

自分のアマモとして、みなさんと植えたいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実際に以前に種をまき、ポットで育っているアマモちゃんです。

 

DSC_5832.jpg

こうやって丁寧に育ててくれるのです。

 

DSC_5837.jpg

 

この海創造プロジェクトも進化させていきます。

自分達の家でも育てられるようにしたり、どんどん勉強していきます。

今年は、先生達に沢山勉強させていただきながら実施いたします。

 

 

DSC_5841.jpg

 

 

DSC_5844.jpg

 

 

DSC_5862.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

links

mobile

qrcode


総合トップに戻る