海さくら代表 古澤純一郎のブログ

第133回海さくらゴミ拾い 〜囲碁ビーチクリーン〜 11月18日(土)10時から

act133_2.jpg

 

いよいよ、今週末は、

第133回海さくらゴミ拾いです。

 

 

囲碁をビーチでやる!?

なんで?

 

うふふ

 

主旨はオフィシャルページに掲載しましたが、

ビーチで囲碁を体験してみた皆様の感想を聞きたいです。

 

囲碁ビーチクリーンオフィシャルHP↓

http://umisakura.com/igo/

 

私は、囲碁には興味ありませんでしたが、

「ふれあい囲碁」を通し、囲碁って、ゲーム的要素以外にイロイロと素敵な

ことがあるんですよ。それをぜひ、みなさんに体験・体感してほしいです。

 

囲碁大好きな方達も、囲碁あまりの方達も、きっと楽しんでいただけると思いますよ。

 

お越しくださった方に、

エノシゴくんのイラストが入った、紙でできた囲碁版をプレゼントします。

 

お家でも囲碁を楽しめるようにと!!

 

 

キレイにしたビーチで、囲碁を楽しみましょうね。

 

明日もどうやら「弱雨」みたいですが、

囲碁は、橋の下で濡れない場所で実施しますので、ご安心くださいね。

 

雨でも実施します。

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 


海さくら参加者の渡利さんから素敵な絵を送っていただきました。

海さくら参加者の渡利さんから素敵な絵を送っていただきました。

 

渡利さん、ありがとうございます!!

 

17-10-28-13-58-46-277_deco.jpg

がんばるぞーーー!!


海さくら事務局に来客 

2017年11月15日(水)に

またまた長野県から海さくら事務局に、

アウトドアを中心に日本全国で活動されている方が

来てくれました。

 

とても充実した時間と、これからのワクワクを共有できました。

 

その方は、

森で子供達を遊ばせる空間つくりや、森で子供達を指導できる人材教育などなど、

本当に様々な事をされており、その話し合いの中で、こんな印象に残っている

話がありましたので、紹介しますね。

 

 

 

彼は、森にアスレチックなどを作ったりするのですが、

ロープを木から木にかけ、ターザンのように遊ぶ遊具というか遊び場を作っています。(そのほかイロイロ)

 

「今のご時世、日本一長いターザンロープがある!などの「売り」があると、人は

森に足を運んでくれます。ただ、僕たちは、

日本一長いターザンロープを作らなくっても、スリリングな空間をつくれ、

そのスリリングな恐怖は、子供達の脳に、発想を浮かばせることに繋がるのです」と。

 

彼は、ターザンロープのスタートする場所をグラグラにしたのです。

 

つまり不安定なスタート場所をつくることをあえてして、

子供の脳を活発にし、日本一長いターザンロープよりも違った形でスリリングを作ったのです。

 

☆不安定は決して悪いことではない!

☆アイディア・工夫は無限大!

 

など、最近イロイロな方達の意見を聞けて、

本当に勉強にもなりますし、トゥギャザーしたい素晴らしい方達に

出会っています。

 

感謝です。

独り占めしないで、みなさんに共有できるようにしていきますからね。

 

お楽しみに!!

 


アマモの種まき 参加者募集!!

海さくらの最大目標は、

「江の島の海にタツノオトシゴが戻ってくるくらいに海をキレイにする」です

 

2005年に海さくらの活動が開始し、ずーと「ゴミ問題」について活動しています。

今もなお継続的に活動しておりますが、

 

2015年くらいから、(今から2年前くらいから)

江の島の海の海底に森をつくり、海の浄化と魚が帰ってくるように

動き出しました。

 

そのプロジェクトを「海創造プロジェクト」といいます。

オフィシャルホームページもありますので、

よろしければ見てください。

http://umisakura.com/enoshima/umisouzou/

 

江の島の住民の方達に聞き取り調査を多く実施し、過去の生態を聞き、

実際に本当にタツノオトシゴはいたのか?なんの海草が生えていたのか?

海草の遺伝子の問題、などなど、実施にあたり勉強を重ね、実施するための

交渉や協力者を集いました。

 

その今までの背景が下記に記載されております。

http://umisakura.com/enoshima/umisouzou/history/

 

そして、

 

アマモの種を採りに小坪にいき

 

アマモの花枝から種が落ちるのを待ち

 

7月にアマモの種を選別する作業をしました。

 

アマモを育てるまでの過程は、下記に

記録しておりますので、詳しく知りたい方は、お手数ですが、下記をご覧ください。

 

http://umisouzou.umisakura.com/

 

そして、

次のステップは、

「種まき」です。

 

先日集めた「種」をポットにいれて、木の札に自分の名前を書いていただき、

自分のアマモとして魂を入魂いただき、

 

鹿島建設(株)技術研究所 葉山水域環境実験場で

あるサイズまで育ててもらいます。

 

育てる途中では、我々が皆様のアマモの様子を確認し、撮影し、

お伝えするようにします。

 

そして、ある程度まで育ったら、

江の島の海に植えます。

 

その「種まき」を以下の通り実施しますので、

ご確認いただき、ご参加いただければ幸いです。

 

自分のアマモとして、海に入れることで、

海への気持ちが、本当に違うように感じるようになります。

ぜひぜひ、ご参加お待ちしております。

 

人数に制限がありますので、お早めにお申し込みください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

題名:アマモの種まき

 

日程:2017年12月2日(土)

 

実施時間:10時〜12時(2時間)

 

集合時間:午前9時45分

 

集合場所:鹿島技術研究所葉山水域環境実験場 入口

     https://www.kajima.co.jp/tech/katri/general/access/map_hayama.html

     住所→神奈川県三浦郡葉山町一色2400

     交通→JR横須賀線 逗子駅 下車タクシー15分

     (いつも葉山で実施しています海さくらダブルゴミ拾いの集合場所から徒歩3分)

    

     近くに駐車場があります。くれぐれも実験場に車をとめないようにお願い致します。

 

申込み:下記の必要事項をご記入のうえ、海さくら事務局までメールでお願いいたします。

 

    お名前・電話番号(携帯)・性別・年齢をご明記のうえ

    2017年11月21日(火)23時59分まで下記のメールにお申込みください。

    info@umisakura.com

    件名に「アマモ種まき 申込み」をご記入いただくと嬉しいです。

 

    かならず、お申込み後、2〜3日以内に返信いたしますが、

    万が一返信がない場合は、なんらかのアクシデントで、申込みが出来ていない場合ありますので、 

    大変恐縮ですが、再度、お申込みいただきますよう、お願い申し上げます。

           

 

申込み締切:2017年11月21日(火)23時59分

 

費用:無料

 

雨天決行:室内での作業となります

 

先着30名様

 

持ち物:特にありません。

 

大人も子供もぜひぜひ、お待ちしております!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

     

 

 

 


海さくら事務所への来客

2017年11月7日(火)に

広島県から「海さくらの活動から学びたい」と2人のナイスな男たちが来てくれました。

 

本当に最近、月に1回〜2回のペースで、

僕らの活動から学びたいと会いに来てくれる方達がいます。

 

学生さんが多いのですが、

とても嬉しいです。

 

少しでも参考になればと全力で包み隠さず伝え、

逆に色々と教えてもいただきながら、いい関係を作る一歩が生まれます。

 

そして

2017年11月8日(水)も

慶應義塾大学のOちゃんも来てくれました。

 

23558219_1544037052329311_1787713895_o.jpg

 

いい出会いに感謝です。

 

本当にこういう出会いも来てくれることも

当たり前ではなく、

感謝としか言えません。

 

ありがとうございました。


| 1/282PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

links

mobile

qrcode


総合トップに戻る