海さくら代表 古澤純一郎のブログ

I LOVE 西浦

約15年前に

江の島の「西浦漁港」で「この江の島の海をキレイにする」と決めました。

 

それから、西浦に想いを込め、海さくらの活動は、西浦と共に始まりました。

 

僕らで「ごみ拾い」したゴミは、西浦に置かせていただき、後日

かながわ海岸美化財団さんが回収してくれる仕組みを作ってくれました。

 

今日、西浦に行ってきました。

西浦に置いたゴミを回収する日だと聞き、大急ぎで向かいました。

 

ほんの少ししか時間がなく、一緒に20分間だけ、ゴミ運びを手伝いながら、色々と考えさせられました。

 

★約15年前にごみ拾いをはじめようとしたときの自分の気持ち

 

約15年前に

ごみ拾いをしよーーー!!と決意しても、その拾ったごみを電車で家に持って帰ったり、

焼却場にもっていくことは、お金もかかるし、「めんどくさい」

この「めんどくさい」という自分からでた感情は、誰かがはじめて活動しようとするときに、

出てくる感情だし、その「めんどくさい」という壁を取り除いてあげることは、

ごみ拾いへの一歩を近づける重要な課題と思いました。

 

★かながわ海岸美化財団様へ飛び込み

 

そんな感情もあり、ごみを拾ったあと、どうしようかと、色々と調べ、ようやく

かながわ海岸美化財団さんをみつけ、とびこんでいきました。

 

まだ僕が29才のとき。笑

そこには、柱本さん、高辻さんがいらっしゃり、

「ごみ拾いを始めたい!!」というシンプルな気持ちを、やさしく包みこみ、

ごみの回収や、他、色々と協力していただきました。

(本当に色々と!回収・ごみ箱の設置・喫煙所・トングの貸し出し・他たくさん)

 

今、海さくらの兄弟たちは全国にありますが、

拾ったごみを回収してくれるのは、我々の「本家海さくら」のみです。

 

僕らは、恵まれているのです。

日本で神奈川県だけ、かながわ海岸美化財団さんだけ、回収をしてくれています。

 

右も左もわからない若造に、熱意と優しさで、応援してくれたことは、そして

協力してくれたこと、本当に力になりました。

 

あのとき「自分で集めたごみは、てめーで処理してこそ、本来の姿だ!」とか言われていたら、

もしかすると、1歩だしたはいいけど、継続には至らなかったかもしれません。

 

★最初の1歩と、今の海さくら

 

僕は、今でも最初の1歩の「めんどくさい」という部分は、取り除いてあげたい。と思っています。

「めんどくさい」の気持ちはわかるからです。でも、そこを取り除いてあげれば、実際に

海にきて、ごみを拾って、考えてくれることになるからです。

 

おそらく、かながわ海岸美化財団さんの皆様も同じだと思います。

 

ハードルをさげてあげて、1歩を、そこから始めましょう!!みたいな・・・

 

今は、15年前と違います。海さくらへ参加してくださる方達の人数も多いですし、

世の中も変わっています。今、海さくらとして今後考えていく事は、あとで書きます。

 

 

★かながわ海岸美化財団さんへ感謝状

 

活動2年目くらいだったか忘れましたが、かながわ海岸美化財団さんより表彰を受けたことがあります。

僕らは、表彰されるためにやっていなく、「自分が海をキレイにしたいからやっている」のですが、

なんだか、かっこつけながらとても嬉しかったことを思い出します。笑

 

僕らが表彰されるのではなく、ごみ回収や、一歩を踏み出す人達へ気持ちよく行動させてくれた

美化財団さんを僕らから表彰したいと・・・僕らが表彰されるより、美化財団さんに感謝の気持ちでいっぱい

だったのを覚えています。それが数年続きました。

 

★台風あとの美化財団さんの動き

 

先日の台風あとは、かながわ海岸美化財団さんは、湘南の海岸のごみの回収で

大忙しです。「はやくキレイにしろ!!」なんておそらく言われてしまったりも

しているかと思います。

でもでもです。

 

そもそも海にでたごみは、僕ら自身で回収しないといけないこと。

僕も最近忘れていたのかもしれません。

 

回収してくれることは、

当たり前のことではないのです。

 

誰が拾え、とかではなく、

自分達が出したごみなのです。

 

★愛する西浦

 

そんなこんながあり、僕らは、拾ったゴミを西浦や、片瀬東浜の所定の場所に

置かせていただき、美化財団さんに回収してもらっているのです。

でも、そのゴミを運んでいる人達の姿をみました。

そして、ほんの少しだけ、20分だけ、運ぶのを手伝いました。

 

西浦からゴミを運ぶのは、

西浦防波堤まで溜まったごみ袋運び、そこから船で運び出します。

 

□まず、ゴミが重くなっていることを気がつきました。(水分を吸ってしまっているのでしょう。)

□ごみを運び出すのが大変でした。

□ビニールは劣化しており、破れたのを新しいゴミ袋に入れ替えました。

□船での運搬はお金もかかります。

 

最初の1歩は、これからもハードルを下げていきたいと思います。

正論は、わかっています。拾ったら、最後までやってこそだと。

 

だから、参加者の皆様には、本当にそのめんどくさいを取り除き、

気軽に来ていただき、楽しんで、おしつけがましくなく、何かごみ拾いや

海を見ながら自然な気づきが生まれればと思っています。

 

でも、僕は、海さくらの運営者・代表としては、来年15年目になるので、

回収の仕組みまで考えていかないといきない時期だと思いました。

 

まず西浦にゴミを置くことは、効率的ではない。

ゴミは、美化財団さんに回収してもらっていることは当たり前ではなく、感謝でしかなく、僕らはそれに甘えないで

やっていく見本とならなくてはいけない。

 

他の県や、他の団体の見本となるような回収の色々を考え出す時期なのだと。

 

拾ったごみの多さに毎回ビックリしますよね。

毎月、毎月、多くのごみが海にやってくる訳です。

海岸に流れ着かないごみは、海にながれていくのです。いったいどれくらいのごみが海に

ながれつづけるのでしょうか?

 

もう半端ない量ですよね。

 

アマモを植え始めて新しい感情が生まれました。

海の中の生物の気持ちになったことです。

アマモが苦しそう、CODが多く可哀そう・・・など

 

ごみを最後まで面倒みることは、そもそもゴミが多い、ごみを出さないで!!

というシンプルな気持ちにもさせてくれます。

 

支離滅裂な文章で、申し訳ないのですが、今、この感情をブログに残しておきたく、書いてしまっています。

 

時間はかかるかもですが、

参加者の皆様の1歩のハードルは、今まで通り下げていき、

運営者、責任者としては、

今後の回収について、少し時間がかかりますが、考えて、実行していきたいと思います。

 

そもそも、ごみがでなければ、そんな悩みもお金も時間もかけなくてすみますね。

 

やること、オッパイ!!

でも燃えています!!

 

S__11067409.jpg

海さくらをはじめて10年間くらいは、いつも1人で江の島界隈で

挑戦していました。久しぶりに1人であがる坂道も新鮮でした。笑

 

S__11067411.jpg

朝からだいぶ運ばれていて、朝10時くらいでこれくらい、袋が残っていました。

 

S__11067412.jpg

いつもごみを置く場所から、防波堤までの道にまずは、ごみ袋を移動させます。

 

S__11067413.jpg

ごみを移動。女性もいて運んでいました。

(次回のときは、僕も朝から手伝います!!)

 

S__11067414.jpg

遠くの防波堤にごみの山がみえますか?

あそこまでゴミ袋を移動させます。人の手で。

 

S__11067415.jpg

 

S__11067416.jpg

この防波堤に船をとめるため、どんどんゴミがたまっていきます。

 

S__11067417.jpg

みんなヘトヘト。

 

S__11067418.jpg

 

S__11067419.jpg

 

S__11067420.jpg

 

S__11067422.jpg

 

S__11067423.jpg

 

S__11067424.jpg

 

S__11067425.jpg

 

S__11067428.jpg

 

S__11067429.jpg

 

愛する西浦、共に15年歩んできた浜だからこそ、

色々と考えさせられました。

 

そして、回収してくれることは、当たり前ではなく、

本当に感謝でいっぱいなのです。

 

感謝をもって、回収・廃棄の仕組みを考えながら

そもそも「ごみが出ないように!!」のアプローチを継続してすすめ、

出てしまったごみは、楽しく拾いしながら、ごみをなくし、そこに参加してくださった方と

また「ごみが出ないように」考えていきたいと思います。

 

最後まで支離滅裂ですね。

ごみ拾いをはじめた15年前では感じ取れなかった色々を今だから、感じているのかもしれません。

感じたら、見過ごすわけにはいかないのです。

 

朝から色々なことが頭をよぎり、

帰り際に、堀江さんの笑顔をみたら、

少し眉間のシワがおさまりました。

 

S__11067430.jpg

 

 

江の島の海が好き

西浦の海が好き

 

もっとキレイにしたい。

 

まだまだ、やることオッパイ!

 

 

 

 

 

 


海さくら大忘年会2019のお知らせです!!

2019年12月7日(土)は、

第158回海さくらゴミ拾い 〜お笑いビーチクリーンの巻〜です。

この日は、15時〜16時30分のごみ拾いです。詳細はコチラ

 

同日の

2019年12月7日(土)の夜に、

下記のような毎年恒例の

「海さくら大忘年会」を実施いたします。

 

参加される方は申込が必要になります。

 

(申込された方には、必ず返信を致しますので、
万が一返信がない場合は、メールが送られていない可能性か、海さくら事務局の
パソコンの不具合の可能性もありますので、再度、お手数ですが、お申込みメール
をお願いいたします。)

ゴミ拾いには、参加できないけど、
忘年会だけでも、もちろんOKですし、
ゴミ拾いに参加できるけど、忘年会は参加しないというのも、
もちろんOKです。

一年に一度の皆さんとお酒を飲んだり、食事したり、
交流を深められる日です。

皆さま、お待ちしております。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
海さくら大忘年会2019

【日程】2019年12月7日(土)

【場所】一軒め目酒場 藤沢店
http://www.hotpepper.jp/strJ000962184/
    
      神奈川県藤沢市南藤沢20-4 魚万新館ビル1・2階
      0466-26-6775

【時間】18時30分〜20時30分(2時間)

【金額】3000円(税込)飲み放題プラン 

    中学生以下のお子様は、単品で注文をいただき、注文した分をお支払いただきます。

【参加ご希望の方】2019年12月3日(火)までに
            suwa@umisakura.com
                       お名前・連絡先・人数を明記して送ってください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうぞよろしくお願いいたします。


3代目アマモちゃんの植える場所の調査をしました【2019年11月8日】

2019年11月8日(金) 

 

本日は、3代目アマモを植える場所の選定にエノスパ前と、西浦に行ってきました。

 

鹿島建設蟲蚕儻Φ羹蠅了殻斃佑函▲瀬ぅ咼鵐哀轡腑奪廖.淵覆虜監M佑僕茲討發蕕い泙靴拭

カメラマンの上重さんはインフルで今回はお休みです。早く良くなってほしいです。

皆さまも予防などお身体お気を付けください。

 

当日の様子です。今日は快晴で風、波も穏やかです。

 

今回は山木様に照度を測る機器を持ってきてもらいました。

 

照度は前回植えていた場所と、前回より深くあまり離れていない所を計測して、

3代目アマモを植える場所を決めていきたいと思います。

 

アマモにより良い環境、太陽の光が届き波の影響の少ない所を探したいです。

 

IMG_0416.jpg

エノスパ前の様子です。          

 

IMG_0423.jpg

海底の照度を測る機器。

 

IMG_0441.jpg

 

IMG_0445.jpg

調査お願いします。

 

 

IMG_0457.jpg

 

IMG_0455.jpg

エノスパ前、現在潮が引いている時間の事もあり、遠浅で前回アマモを植えていたところより、

100m位離れても、水深が1mも変わりませんでした。

 

前回植えていた付近   水深1.0mで照度100〜120μmol//s  

前回付近〜100m位沖  水深1.8mで照度210〜270μmol//s でした。

 

海底の照度は許容範囲内でした。

 

 

西浦の様子です。

こちらも穏やかで気持ちが良いです。

IMG_0467.jpg

 

IMG_0471.jpg

 

IMG_0476.jpg

先日の台風の影響でしょうか、倒木がありました。

海の中も心配です。

 

IMG_0470.jpg

西浦も、前回植えていた場所と、前回より深いところを調査してもらいました。

 

IMG_0478.jpg

2代目アマモを植えていた近辺。

 

IMG_0488.jpg

 

水深 2.5m位の所。かなり沖になってしまう。

 

 

IMG_0502.jpg

前回植えていた近辺 水深1.3m 照度100〜120μmol//s 

          水深2.0m 照度50〜 70μmol//s

かなり沖      水深2.5m 照度30〜 50μmol//s 

 

今日の西浦はエノスパ前より海水が濁って見えました。

 

エノスパ前同様に遠浅で

水深の深いところに植えるのは難しそうです。

 

この後、3代目アマモの観察に、鹿島建設蟲蚕儻Φ羹蠅帽圓辰討ました。

室内育成アマモ20191108.jpg

室内育成のアマモ

 

室外から室内アマモ20191108.jpg

室外から室内育成のアマモ

 

室内メンテ20191108_1a.jpg
 

室外から内メンテ20191108_1B.jpg

3代目アマモ 室外から室内育成のアマモの観察とポット・株数を数えました。

アマモのポット数と株数は下記になります。

室内育成アマモ  62ポット (103株)

室外から室内育成 22ポット  (31株)

 

合計       84ポット (134株)

 

前回より、   −15ポット (―19株)減ってました。

 

 

3代目アマモは、84ポット(139株)は、2019年12月に植える予定です。

 

・水深と、照度を考慮し、より良い場所に植える。

・植える時にアマモの状態を見て、ポットもまま植えるものと、一部ポットを外すか切って植える。

・植えた後、しっかり土をのせ、砂利を敷く。

 

3代目アマモも、しっかり育ってほしいと思います。

 

記:諏訪


第157回海さくらごみ拾い 〜PADI・AWAREコラボの巻〜

2019年11月16日(土)

第157回海さくらごみ拾い 〜PADIAWAREコラボの巻〜 を実施させていただきました。

 

DSC_0334.jpg

(イベントが長引き、集合写真に入れなかった方が沢山いました。申し訳ございません)

 

 

DSC_0078.jpg

約260名の皆様がお越しくださいました。ありがとうございました。

 

DSC_0096.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9025.jpg

 

DSC_0228.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9304.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9338.jpg

日頃お世話になっておりますPADI様、AWARE様ありがとうございます。

 

 

 

参加人数:260名

可燃ごみ:36袋

不燃ごみ:35袋

プラスチック:いっぱい

 

最高の天気、富士山くっきり、風もなく、最高のごみ拾い日和となりました。

 

お越しくださいました多くの皆様、

いつも応援してくださっている皆様、

ありがとうございました!!

 

 

 

今回のごみ拾いは、

約1時間くらいごみ拾い

残りの30分で、プラスチックだけを拾って、「たった30分で海にこんなにプラスチックが集ってしまっています」と

インターネットを通じて、世界に発信もしていく企画も実施しました。

 

みんな協力してくださり、本当にありがとうございました。

 

参加者の皆様は、あまりのプラスチックの多さにビックリされていました。

 

その動画は、こちらのブログで近日公開いたしますが、

本当に多かったですね。

 

今年の4月にも、30分でどれくらいプラスチックが拾えるか?を実施しましたが、

(その時のブログはコチラ

今回は人数も多く、台風の影響もあり、すごい量となりました。

 

私たちは、プラスチックをすぐにやめよう!!とかそういうことを伝えたいのではありません。

生活で出た街のごみが、下水道・川をつたって海に流れ、

その海に流れたごみは、魚がたべ、いつか人間に戻ってきてしまう。

 

実際に海岸で拾っていただきリアルを見て感じていただき、

それぞれに、それぞれが感じたことを少しづつ実践していくキッカケを作りたいのです。

 

街がキレイにならないと、生活を個々に考えないと、海は汚くなりつづけます。

 

面白いごみ拾った選手権も実施し、集合写真撮影前に、

多くの方が帰ってしまいました。本当にすみません。

 

今回のごみ拾いは、260人くらいの方達が来てくださったのです。

集合写真に出たかった方も多くいると思います。

今後の運営の改善にしていきます。

 

ただ、拾っていただいたプラスチックを途中で撮影をとめることはしたくなく、(リアルをそのままに映像にしたく)

皆さんが一生懸命に拾ってくれたプラスチック拾い活動を途中で中断したくなかったのです。

お許しください。

 

面白いごみ拾った選手権にも多く参加いただき、

海岸ごみには色々な物が落ちていることを共有していただけたのではないでしょうか?

 

皆様が帰られた後、その集めたプラスチックで絵を描き、

後日PADI本社に飾っていただきます。

PADI本社に来社された方も、この絵をみて、何か感じてくれるかもしれません。

 

大きなキャンパスだったのですが、相当な量のプラスチックが余りました。

 

数えていませんが、1万個以上のプラスチックをみんなで拾うことができたのです。

 

海の生物達が誤飲する可能性を少し減らせました。みなさん、小さなプラスチック拾いで大変だったかと思いますが、

本当にありがとうございました。

 

大きなごみも沢山集まりました!!

 

感謝でいっぱいです。

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回の第158回海さくらごみ拾いは、

大人気イベント「お笑いビーチクリーン」です。

 

詳しくは、

https://umisakura.com/news

 

恒例の海さくら忘年会の詳細も、近日、ブログで発表いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そして、そして

2019年12月14日(土)

LTO WINTER EVENT 2019です。

 

画像.jpg

 

我々と日本財団を中心にJリーグのチーム10チーム、プロ野球チーム1チーム、プロバスケットチーム1チームで

実施しているLEADS TO THE OCEAN プロジェクト(通称:LTO)のイベントです。

 

こちらは、下記HPより申込みが必要となります。

どの選手やマスコットがくるかは、まだ未定です。下記のHPより随時お知らせいたします。

 

https://www.uminitsuzuku.com/winter/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「お笑いビーチクリーン」「LTO WINTER EVENT」ぜひぜひ、海に遊びにいらしてください。

心よりお待ちしております。

 

 

それでは当日の様子を上重泰秀(じょうじゅう やすひで)カメラマンの写真で

お楽しみください。

 

DSC_0002.jpg

 

DSC_0006.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9019.jpg

 

DSC_0009.jpg

 

DSC_0011.jpg

 

DSC_0012.jpg

 

 

157蝗・157蝗・DSC_9020.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9022.jpg

 

DSC_0015.jpg

 

DSC_0018.jpg

 

DSC_0021.jpg

 

DSC_0023.jpg

 

DSC_0026.jpg

 

DSC_0028.jpg

 

DSC_0030.jpg

 

DSC_0034.jpg

 

DSC_0039.jpg

 

DSC_0041.jpg

 

DSC_0043.jpg

 

DSC_0047.jpg

 

DSC_0048.jpg

 

DSC_0051.jpg

 

DSC_0054.jpg

 

DSC_0059.jpg

 

DSC_0061.jpg

 

DSC_0062.jpg

 

DSC_0065.jpg

 

DSC_0067.jpg

 

DSC_0071.jpg

 

DSC_0072.jpg

 

DSC_0076.jpg

 

DSC_0078.jpg

 

DSC_0080.jpg

 

DSC_0083.jpg

 

DSC_0089.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9028.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9031.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9032.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9035.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9037.jpg

 

DSC_0091.jpg

 

 

DSC_0093.jpg

 

DSC_0094.jpg

 

DSC_0095.jpg

 

DSC_0096.jpg

 

DSC_0097.jpg

 

DSC_0110.jpg

 

DSC_0112.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9040.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9043.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9045.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9047.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9048.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9052.jpg

 

DSC_0120.jpg

 

DSC_0122.jpg

 

DSC_0124.jpg

 

DSC_0126.jpg

 

DSC_0128.jpg

 

DSC_0130.jpg

 

DSC_0131.jpg

 

 

DSC_0134.jpg

 

DSC_0135.jpg

 

 

 

157蝗・157蝗・DSC_9053.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9056.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9059.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9061.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9063.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9064.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9068.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9072.jpg

 

DSC_0140.jpg

 

DSC_0144.jpg

 

DSC_0146.jpg

 

DSC_0150.jpg

 

DSC_0152.jpg

 

DSC_0155.jpg

 

DSC_0159.jpg

 

DSC_0161.jpg

 

DSC_0162.jpg

 

DSC_0163.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9073.jpg

 

DSC_0166.jpg

 

DSC_0168.jpg

 

 

157蝗・157蝗・DSC_9075.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9076.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9081.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9082.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9085.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9086.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9088.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9092.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9095.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9096.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9098.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9100.jpg

 

DSC_0178.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9102.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9108.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9110.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9111.jpg

 

DSC_0184.jpg

 

DSC_0187.jpg

 

DSC_0188.jpg

 

DSC_0191.jpg

 

DSC_0192.jpg

 

DSC_0196.jpg

 

DSC_0199.jpg

 

DSC_0200.jpg

 

DSC_0203.jpg

 

DSC_0204.jpg

 

DSC_0207.jpg

 

DSC_0208.jpg

 

DSC_0211.jpg

 

DSC_0212.jpg

 

DSC_0215.jpg

 

DSC_0216.jpg

 

DSC_0218.jpg

 

DSC_0220.jpg

 

DSC_0223.jpg

 

DSC_0226.jpg

 

DSC_0227.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9113.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9115.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9116.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9117.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9128.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9137.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9140.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9141.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9143.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9145.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9153.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9156.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9157.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9160.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9161.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9165.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9168.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9169.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9173.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9177.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9182.jpg

 

DSC_0231.jpg

 

DSC_0235.jpg

 

DSC_0240.jpg

 

DSC_0244.jpg

 

DSC_0247.jpg

 

DSC_0248.jpg

 

DSC_0251.jpg

 

DSC_0260.jpg

 

DSC_0268.jpg

 

DSC_0276.jpg

 

DSC_0283.jpg

 

DSC_0286.jpg

 

DSC_0289.jpg

 

DSC_0291.jpg

 

DSC_0292.jpg

 

DSC_0296.jpg

 

DSC_0303.jpg

 

DSC_0305.jpg

 

DSC_0309.jpg

 

DSC_0310.jpg

 

DSC_0314.jpg

 

 

 

157蝗・157蝗・DSC_9184.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9187.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9194.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9199.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9201.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9205.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9207.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9209.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9213.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9216.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9219.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9223.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9227.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9228.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9231.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9236.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9244.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9247.jpg

 

DSC_0334.jpg

 

DSC_0339.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9312.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9316.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9320.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9325.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9328.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9332.jpg

 

DSC_0343.jpg

 

DSC_0347.jpg

 

DSC_0348.jpg

 

DSC_0351.jpg

 

DSC_0355.jpg

 

DSC_0360.jpg

 

DSC_0361.jpg

 

DSC_0363.jpg

 

DSC_0364.jpg

 

DSC_0366.jpg

 

DSC_0368.jpg

 

DSC_0371.jpg

 

DSC_0375.jpg

 

DSC_0376.jpg

 

DSC_0380.jpg

 

DSC_0382.jpg

 

DSC_0384.jpg

 

DSC_0387.jpg

 

DSC_0390.jpg

 

DSC_0392.jpg

 

DSC_0394.jpg

 

DSC_0398.jpg

 

DSC_0403.jpg

 

DSC_0404.jpg

 

DSC_0407.jpg

 

DSC_0410.jpg

 

DSC_0411.jpg

 

DSC_0422.jpg

 

DSC_0431.jpg

 

DSC_0436.jpg

 

DSC_0438.jpg

 

DSC_0316.jpg

 

DSC_0318.jpg

 

DSC_0319.jpg

 

DSC_0321.jpg

 

DSC_0322.jpg

 

DSC_0324.jpg

 

 

157蝗・157蝗・DSC_9333.jpg

 

157蝗・157蝗・DSC_9338.jpg

 

 

 

 


「第5回川ごみサミットinとくしま」に参加させて頂きました!

2019年11月9日(土)

徳島県のとくぎんトモニプラザにおいて
「第5回川ごみサミットinとくしま」が開催されました。

 

当日の様子は様子はこちら↓

http://kawagomi.jp/2019/11/summit5_report_q/

 

海ゴミの約8割は、街から川を通って、海に流れつきます(出典:UN World Ocean Assessment(Allsopp,et al.,2006))ので、

川ゴミ問題は海ごみ問題と繋がっています。

 

今回、小学校の子供たちの学習事例を始め、全国で川ごみ問題に取り組む皆さまの活動事例、

アドプトプログラム(※地元の川などの公共物を自分たちの養子(Adopt=養子にする)とみなし、

清掃活動をするボランティア制度)を取り入れた活動、レジ袋削減の為の動きなどを聞かせて頂き、勉強させて頂きました。

 

個人的には、ゴミ拾いを目的とせず、地域での交流の場を多く図り情報交換をして広げる取り組みや、

京都府亀岡市のKAMEOKA FLY BAG Project (https://www.city.kameoka.kyoto.jp/kankyousoumu/kameokaflybagproject.html)は印象的で、

環境活動を楽しくセンス良くで実践する方法を参考にさせて頂きたいと思いました。

 

また、NPO法人プロジェクト保津川の原田先生がおっしゃっていたことですが、「世の中に問題定義すること」の大切さも実感いたしました。

 

全体討議・意見交換の場では、私たちのプロジェクト、環境イベントポータルサイト「BLUE SHIP」の紹介もさせて頂きました。

 

現在、全国川ゴミネットワークさんとのコラボで11月10日を「川ごみ0の日」として、

河川周りの清掃活動を呼びかけています。(11月22日頃までを予定)

 

そして、サミット翌日には、吉野川下流の清掃活動に参加し、拾ったゴミ(多くは人が捨てたタバコや空き缶、食品関係のゴミ)の分別、

分析しました。

 

今、海ごみ対策について、行政、企業、民間団体、研究者、学生、個人と様々な取り組みがある中、どう連携していくか、

皆の力を合わせていく働き掛けを行っていきたいと思います。

 

2日間を通し、多くの方と交流させて頂き、大変有意義な時間を有難うございました。

 

記:石合ゆみ

 

sm5_34.jpg

 

sm5_43.jpg

 

sm5_44.jpg

 

sm5_45.jpg

 

sm5_51.jpg

 

smt5_72.jpg

 

smt5_74.jpg


| 1/364PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

links

mobile

qrcode


目指せ!日本一楽しいゴミ拾い

NPO法人 海さくら

神奈川県の江の島で2005年から「目指せ!日本一楽しいゴミ拾い」をモットーに 13 年間ビーチクリーンを行い清掃活動にイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体。江の島に「かつて生息していたタツノオトシゴが戻ってくるくらいキレイにする」という目標をかかげ、体験・体感を大事にし「楽しく」「楽しめる」活動を継続しています。

お問い合わせ 各地の海さくら ▸